PUNK ART IS LIFE

ぱんくの日記帳 〜 PUNK BLOG 〜

ぱんくっキングのぱんくという名でYouTuberになったので、ぱんくの日記帳と題して、blogも始めました。

【45話】世界に繋がる架空な自由な空間が欲しかった。

マスターのイメージだと、YouTubeチャンネル「ぱんくっキング」を チャンネル登録して頂いてる方限定なのかは不明だが、きっとそうなるのだろう。今この場所でそんな風が吹き抜けた。

 

どうやら最近不意に届くDM(TwitterInstagram)を見ながら寝てしまった日の翌朝、夢の中(架空な自由な空間)で一旦あの「ぱんくのイメージキャラクター」の姿で起きる(中でもとびきりレアな)朝にだけ、何故か寝る前に見たDMの活字がお便りに変換されて枕元に届いている事があるようだ(夢の中の話だけど)・・

 

それがこの夢の中で開催される摩訶不思議な「夢の中のぱんく放送局」の「ぱんくのお便りコーナー「の「ぱんくの人生相談」に繋がっている事に最近気が付いたけど、そのお便りの全てがマスターの感覚だけで選ばれて、しかもその内容が動画用に盛られているって事で、それを動画としてアップロードする作り手側のセンスを容赦無く試されている事は間違いがないようだ・・嗚呼、仕方ない、始めてみるか「ぱんくの人生相談」・・(あの日の青年 : 世界中の人達がいつでも観に来れるかくうな自由な空間さえあれば、このアートな世界を好きなだけ溜めていつまでも発信し続けられるのに)・・

 

f:id:ku2well-ku2well:20200119222904j:image


という訳で、不意に始めます。


マスター「予告だねコレ」


ぱんく「そーゆーこと」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

🔹ぱんくTV 〜 ぱんくっキング 〜
https://www.youtube.com/channel/UCfgFqkzDCOuhABt3c9RFuyg

🔸ぱんくのInstagram 〜 punkunii 〜
(punk universe ice)
https://www.instagram.com/punkunii

🔹ぱんくのTwitter 〜 ぱんく 〜
https://twitter.com/punkuniverseice

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【第44話】二十歳、20年・・。

はてなブログ今週のお題「二十歳」 ・・、何年経つだろう。自分自身の年齢で計算してしまうと、あの日から多くの月日が流れたなぁと感じる。今「20」というこの数字を目にすると、2000年から20年も経った事にも驚かされる。今後の20年、そう考えてみると、経験を得た状態でのリスタート、そしてラストチャンスだなとも感じる。このお題で、2020年、なんだかイイ節目を迎えているなぁと、改めて思う事ができた。人生は一度きり、イイも悪いも最近そんな事ばかり意識してしまいがちです。大切な人たちに恩返ししながら自分自身にも後悔する事が出来るだけ少なくなるように1日1日を大切に楽しく生きてゆこうと思う。・・二十歳、大人になるスタート地点。人生の節目だ。此処から人生は大きく左右する。当事者は気が付かない大切な事は、両親がほぼ分かっている。しかし、この事実に二十歳の時は気が付かない。それを聞こうとしない。親から伝えても心の奥底で理解して実行できない。僕も実際そうだった。親になった今、この立場から伝えたい事は山ほど有るけど伝えないでいる。結局自分自身が体感して気付かないと意味がないし、もし伝えたとしても人生は自分自身のものだから、何が正しくて何がイイという価値観自体が、一人一人オリジナルなのだ。だから、助言に留めておく事がベストだと思う。そう「親」という字は、木に立って見ると書く。パーフェクトに生きる事が幸せに繋がるという事ではない。その時、その時代で自分自身が思うまま、不器用に失敗を繰り返しながら成長して、自分らしく生きてゆこう。やはり、それがベストだ。それが人生だ。

f:id:ku2well-ku2well:20200115081328j:image

 

 

 

 

【第43話】どうなりたいのか?どうしたいのか?

f:id:ku2well-ku2well:20200108073849j:image

🎬✨

これから先、どうなるのだろう(一寸先は闇)・・どうなりたいのか?どうしたいのか?答えは今もぼんやりしている。どうすれば嬉しい?本当の幸せとは何か?どうなれば・・。出来ていない事、出来るはずの事・・。


笑いが止まらないほど面白おかしくしていたいのか?ふと思い浮かんだ事を形にし続けて目の前にソレを広げて酔いしれていたい?ソレを世界に発信し続けて見つけ出してほしい?何も考えずにただボーとしていたい?それともまだチヤホヤされたい?そんな事よりまだ見ぬ綺麗な景色を見たい?美味しいものを食べたい?老後の為にまとまったお金を得たい?1度でも多く気の合う人に会えるように行動しまくる?好きだった時代、街、人、景色を求めて、タイムトラベラーになって、好き勝手に好きな時代を行き来したい?とにかくもう気持ちいい事をし続けていたい?それとも、何もかも我慢しながら少しずつ積み重ねて、生きてゆく過程で見つけるであろうそのひとつを今後得て、そのまま終止符を打つ?身を任せながら自然に?無欲に勝るものはないと淡々と生き続けてみる?それとも欲しいモノを片っ端から手に入れて楽しむ?自分の事は二の次そう次世代、次の夢ある若い世代の為だけに生きてみる?代々受け継がれるようなモノを残す事に全てをかけて、自分の事はどうでもいいと死ぬまで生きてみる?・・人生って、なんなんだろう?どうせ一度きりだ・・進んできてしまった時間は、もう二度と戻せない。戻れないならばどうこの先、どう生きてゆく?限られたこの時間の中で・・


無限にある選択肢、どうにもできる未来・・こう気づいて、此処に立つまでにどれだけの時間が流れ去ったのだろう。遅くない?いやそんな事はない?嗚呼なんて儚いんだろう・・


10数年前、そう、父が亡くなった時、あの頃の僕にはこの今の感覚はまったく無かった。人生は、後になって気が付く事ばかりだ。此処で今ハッキリ言える事は、この今を思いっきり楽しみ続けなければ「もったいない」という事だけだ(後悔先に立たず)・・


思うがまま、時には計算高く計画したり、時には何も考えずに感覚に身を任せながら気持ちよく生きて、ゆかなければ・・不器用でもいい。自分らしく。とにかく自分らしく・・

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

🔹ぱんくっキング 〜YouTube チャンネル 〜

https://www.youtube.com/channel/UCfgFqkzDCOuhABt3c9RFuyg

 

🔸ぱんくのInstagram 〜 punkunii 〜
(punk universe ice)
https://www.instagram.com/punkunii

 

🔹ぱんくのTwitter 〜 ぱんく 〜
https://twitter.com/punkuniverseice

 

 

 

【第42話】謹賀新年の文字を見ながら

はてなブログ今週のお題「2020年の抱負」

🎍✨

ホント早いですね、すでにバックトゥーザフューチャーの未来の世界を追い越してるし、2019年に年号が令和に変わり、あっという間に2020年になりました。まだまだ先の話だと思っていた東京オリンピックも近づいている・・。

 

昨年はこの先数年間の目標みたいな事を考える時間を多く過ごした節目の年でした。体は遠出せず、敷地内でバタバタ動いて指で何度もタップ、スライドして、頭をフル回転させてスマホの中の世界で模索しながらの充電期間、やってみるといいものだなと感じました(時代がそう感じさせているのでしょうか)・・今までなんどか歯痒い悲しい酒を飲み、時には宴の酒に酔い・・心に届く本物の歌を聴き、今、この先何をどうしたいかを問う日々を過ごした・・

 

僕らは、何年も前から美酒と名曲に救われながら生きて来た(ちょっと強引な展開かな・・

 

いやいや案外そうでもない。)・・ほら誠実に、真面目に、誰からも良いと思われる王道なその生き方、それはとても素晴らしい事だけど、まだ見ぬ新しいモノへと挑む冒険心や不器用な人間味の断片などをざっくばらんに語るとしたら、ほらやっぱり王道だけの繰り返しっていう訳にもいかなくなる・・

 

(それは生き急ぐという訳ではなく・・マイペースの中にある本当の自分の世界・・)

 

それがいつも本心に繋がるはずだと何年も繰り返し年始を迎えてきた僕は、個人的にそう思う。王道から外れるマイナスを怖がって生きている事ほど魅力の無い事はない(きっとそうだよね)・・


もしも心の奥底に有るその素っ裸で素直な気持ちを今すぐ具現化しなければならないのなら、それはとてつもなく弱く、それでいて手の届かない事やモノに飢えてる飾り気のない不器用な人間そのものだけが残るはずだ・・

 

存在証明みたいな事を考え始めれば、みな自ずと何かしらのソレが、見えてくるだろう。

 

〜5分後〜

 

ん、なんだ?

突然懐かしい歌謡曲が流れ始めた。


マスター「あけましておめでとう ぱんく✨どうだい?私からの新春の音のプレゼント!」


ぱんく「そーとークレイジーだよマスター、いいんじゃないのこーゆー演出・・」


マスター「♬ 人は、闇を抜けて光の海へ・・夢が散らばる無限の宇宙さ・・星の架け橋、渡ってゆこう・・♪」


ぱんく「その替え歌はもうとにかく寒過ぎるけど(何処かで聞いた事のある歌詞だけれども)・・そのアカペラもなんだか胸に染みたよ悔しいけど今・・」


マスター「2020年の抱負をこの歌謡曲メドレーに乗せて語ってくれないか?」


ぱんく「抱負かぁ・・、抱負というか・・、2020年は引き続き土台を整えて向上させながら、1つでも多く新しいアートを残す事だよマスター✨」

 

f:id:ku2well-ku2well:20200102200525j:image


マスター「語るね・・、この樽酒、そうこの祝い酒を呑みながら、今夜は少しだけ二人で語り続けてみようか・・」


ナレーション「こうして、マスターと ぱんくは夢の中で、2020年の幕開けに新春の風を感じながら飲み明かしたとさ。your 2020 good luck ✨」

 

【第41話】ベランダの窓から失礼します。

🎬✨

魔女「いったい、いつになったらソレを必要としない時間を過ごせるようになるのかしら?」

 

ぱんく「うわ!誰?」


魔女「ベランダの窓から失礼します。鍵が開いてたからつい・・」

 

AM4:50


ぱんく「数ヶ月前から早起きチャレンジをし続けていなかったら絶対気が付かないようなこんな朝方の早い時間からいったい僕に何の用だい?」


魔女「あら、その返し、なかなかのセンスじゃないの貴方・・名前は?」


ぱんく「え?」


魔女「合格!」


ぱんく「な、なんだって??」


魔女「貴方は合格、たった今から、貴方は魔王になる資格を得ました。さぁどうする?なってみる魔王に・・」


ぱんく「ならないよ(もう何が何だか)・・と、とにかく出てってくれよー」


魔女「あら、もったいない・・魔王になればいつでも好きな時に好きなだけ欲しいモノが手に入るのに・・」


ぱんく「欲しいモノってのは、なかなか手に入らないからいいんじゃないか。」


魔女(か、格が違う・・何?この想像していたレベルを遥かに超えてる感じは・・この悟りっぷりは噂以上じゃない。)


魔女「そ、そんな事ないわよ、欲しいモノはすぐ手に入った方がイイでしょ?誰もがそう思うはずよ!」


ぱんく「・・・」


マスター「早朝からぱんく驚かせてホントごめん・・」


ぱんく「うわー!!突然なんだよ今度はマスターか、で何今日は?頼むから一人にさせてくれよ!今、朝活中なんだから、なんなのコレはいったい・・」


マスター「ぱんく、今日は魔女と二人して、大切な事を伝えに来たんだ。」


ぱんく「何、大切な事って?」


マスター「紹介します。私の彼女の魔女です。」


魔女「初めまして、噂はかねがね・・」


ぱんく「え?あ、初めまして・・って、いやいや・・なんなのいったいマスター・・」


マスター「わたしたち・・」

マスター&魔女「せーの、付き合っていまーーーーす!!」


ぱんく「えーーー??!」


マスター「それでは!」


魔女「またね!」


効果音「シュッ」


ぱんく「うわ!?」


ナレーション「突如現れた二人はその場から消え去った。一人残されたぱんくは思った。マスター、いい付き合いしろよと・・」


ぱんく「な訳ないだろ(笑 )」

 

f:id:ku2well-ku2well:20191229161354j:image

 

ナレーション「ひとりよりふたり、人は決してひとりでは生きれない。どうか、思い出に生きるのではなく、今、近くにいる人を大切にしてください。それでは、良い年末を・・」

【第40話】で、どのぐらいなの?

はてなブログさんの 今週のお題は「クリスマス」 と言う訳で、前回の続きを・・

f:id:ku2well-ku2well:20191225214439j:image

🎬✨

マスター「メリークリスマス」

 

ぱんく「メリクリ!って、ねぇ、今そのほっぺたに浮かび上がってきた数字は何?」

 

マスター「コレかい?よく見えたねコレは、ネオ スパーク アンド スーパー クール トリッキー ザ・ストレート ライカ ファンク ロカビリー ブルース パンク ロック フラッシュ 2019 ハイテンション センスレベル イン ザ・クリスマス 当日 の 数値だ!」


ぱんく「2日前にも似たような事で言ってたけど、長いって(笑)・・で、そのなんとかレベルってなんなの??」


マスター「ほら、周りを見てごらん・・」


ぱんく「あっよく見るとあの人もほっぺたに数字が浮かび上がる時がある あ消えた・・あ 浮かび上がった・・なんなのコレ?」


マスター「この世に生きているもの全てにこの数字は存在している。ただ、コレがクリスマスイブイブからクリスマス、そうすなわち 12/23 0:00 〜 12/25 の 23:59 まで見えるのは限られた人間だけだ。そう、ぱんくお前のように。」


ぱんく「なんだかよく分からないけど そっかぁ・・そ、そんな事よりマスターあんたその数値スゴ・・」


マスター「気が付いたかい?」


ぱんく「他とは桁違いじゃないかマスター!」


マスター「私の数値は、89642191975029619730714だ。どうだ少しは尊敬したくなってきただろう。ぱんくとも既に長い付き合いになってきてるしな・・」


ぱんく「だってほら、あの人は 58 だよ。マスターなんかただ者じゃない感じじゃんかまた・・」

 

マスター「あの人は 15385 だな。見てごらん。」

 

ぱんく「凄いどこどこ?」

 

マスター「ほら、あそこのケンタッキーフライドチキンの店員さんを見てごらん。もう何時間も笑顔でチキンセットを手渡し続けてるだろ 素敵だ・・」

 

ぱんく「あ・・」


マスター「どれどれ、ぱんくの数値は・・」


ぱんく「どのぐらい? 30ぐらいは有るかなぁクリスマス当日に精一杯仕事して来たし・・」


マスター「え・・(9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999 .. ケイソクフノウ .. ケイソクフノウ .. . )え、えーと、あ出てきた出てきた。」


ぱんく「で、どのぐらいなの?」


マスター「2 だよ 2」


ぱんく「マジか、今日も2って、まぁそんなもんだよな(笑)」


マスター「それでは良いクリスマス12/25を!」


効果音「シュッ」


ぱんく「あ、どっか行っちまった。なんだったんだまったく・・」

 

🎅「ここに辿り着いたあなたに、23:59までにとびきりステキなクリスマスが訪れますように✨・・おやすみなさい。2019/12/25.」

 

_____________________________________

 

🔹ぱんくのYouTube channel「ぱんくっキング」

https://www.youtube.com/channel/UCfgFqkzDCOuhABt3c9RFuyg

 

🔸ぱんくのTwitter

https://twitter.com/punkuniverseice

 

 

 

 

【第39話】PUNK Merry Christmas

f:id:ku2well-ku2well:20191223174622j:image

🎬✨

マスター「メリークリスマス」

ぱんく「今日は 12/23 だから少し早いけどね(あわてんぼうのサンタクロースか)・・、メリクリ!・・ねぇ、今その額に浮かび上がってきた数字は何?」

マスター「コレかい?よく見えたねコレは、オー ナイス クレイジー ワンス オリジナル アート ソー レディース アンド ジェントルマン ハイパー  ネオ スパーク ハッピー ビューティー アンド トリッキー ストレート パンク フラッシュ グレート フリーダム エクセレント プレジャー ハイテンション センスレベル 2019 クリスマス の 数値だ!」


ぱんく「長いって(笑)そのなんとかセンスレベルってなんなの??」


マスター「ほら、周りを見てごらん。」


ぱんく「あっよく見るとあの人も額に数字が浮かび上がる時がある あ消えた・・あ 浮かび上がった・・なんなのコレ?」


マスター「この世に生きているもの全てにこの数字は存在している。ただ、コレがクリスマスイブイブからクリスマス、そうすなわち 12/23 0:00 〜 12/25 の 23:59 まで見えるのは限られた人間だけだ。そう、ぱんくお前のように。」


ぱんく「なんだかよく分からないけど そっかぁ(相変わらずだなぁ)・・そ、そんな事よりマスターあんたその数値スゴ・・」


マスター「気が付いたかい?」


ぱんく「他とは桁違いじゃないかマスター!」


マスター「私の数値は、75029619730714だ。どうだ少しは尊敬したくなってきただろう。気が付けばぱんくとも結構長い付き合いになってきてるしな・・」


ぱんく「だってほら、あの人は 5 だよ。マスターなんかただ者じゃない感じじゃんか・・」

 

マスター「あの人は 28 だな。見てごらん。」

 

ぱんく「凄いどこどこ?」

 

マスター「ほら、あそこの三人家族の一番後ろを歩いてるお父さん、クリスマスプレゼントを両腕いっぱいに持ちながら笑顔で奥さんと子供の背中を見てるよ。」

 

ぱんく「あ・・」


マスター「どれどれ、ぱんくの数値は・・」


ぱんく「どのぐらい? 3ぐらいかなぁ?」


マスター「え・・(9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999 .. ケイソクフノウ .. ケイソクフノウ .. . )え、えーと、あ出てきた出てきた。」


ぱんく「で、どのぐらいなの?」


マスター「2 だよ 2」


ぱんく「マジか、さっきの人が 5 だったから、3 少ないのか。まぁそんなもんだよな(笑)」


マスター「それでは良いクリスマスを!」


効果音「シュッ」


ぱんく「あ、どっか行っちまった。なんだったんだまったく・・」

 

🎅「ここに辿り着いたあなたに、とびきりステキなクリスマスが訪れますように✨・・おやすみなさい。2019/12/23.」

 

_____________________________________

 

🔹ぱんくのYouTube channel「ぱんくっキング」

https://www.youtube.com/channel/UCfgFqkzDCOuhABt3c9RFuyg

 

🔸ぱんくのTwitter

https://twitter.com/punkuniverseice